それでも地球は動いている。





モー娘ほんといいわ〜(????)

恋をした
寝坊した
すべて見てきた地球

愛ゆえに
泣いちゃった
LOVEレボリューション21



父さん母さん
感謝してます

わがまま娘
これからも娘

一生懸命誓います happy



明るい未来に
就職希望だわ

日本の未来は
世界がうらやむ


元気でます!
素直に元気がでる(*`・ω・´)

明るくて前向きで、
ちょっとバカっぽい感じがすごいイイ
女子目線なのもイイ

これ聴きながらウォーキングいってくるナリ
コメント(0)


温情判決


京都府伏見区桂川河川敷で2月1日、無職、片桐康晴被告が認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が行われた。

事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母との相談の上で殺害したというもの。

片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。

片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。
その頃から母に認知症の症状が出始め、ひとりで介護した。

母は05年4月頃から昼夜が逆転。
徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。

片桐被告は休職してデイケアを利用したが、介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。


『死ねということか』


介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。

カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光。

市内のコンビニで、被告は財布に残っていたわずかな小銭で菓子パンを買い、二人で食べたという。

2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で、
片桐被告が「もう生きられへん。此処で終わりやで。」
などと言うと、
母は「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。

被告が「すまんな」と謝ると、
母は「こっちに来い」と呼び、
片桐被告が母の額にくっつけると、
母は「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。

この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。
母の首を絞めて殺し、自分も包丁で首を切って自殺を図った。


冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。

肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。

判決では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職などを経て、追い詰められていく過程を供述。

殺害時の二人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」
という供述も紹介。

陳述の最中に、検察官が、涙で声を詰まらせるという異例の雰囲気の中で裁判は進行した。


目を赤くした東尾裁判官が声を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

「痛ましく悲しい事件だった。今後あなた自身は生き抜いて、絶対に自分をあやめることのないよう、母のことを祈り、母のためにも幸せに生きてください」


裁判官が最後にこう語りかけると
「ありがとうございました。」
と頭を下げた被告。
法廷には、傍聴人と検察官と被告のすすり泣く声が響き、法廷は悲しみに包まれた。




何かがあった時、自分が働けなくなった時、国が支援してくれる程度は知れてる。
自分の身は自分で守らねば
と心底思った記事だったので思わず抜粋。
コメント(0)


夏休みの予定が決まった!!!!

ほぼ五日間、わけあって東京に行ってまいる
コメント(0)


さらば大学の教科書

社会に出ると全く役に立たないのねこの子たち。
まぁ役に立つほど勉強してませんけど。

場所とるだけほんと無駄でした。
コメント(0)


なんか今日1日色々あってポカーンて感じだ(笑)

本当にさすがというほか言葉がないわ・・・
いつかやってくれると思っていたが、
まさかこんなに早いとは・・・

おめでとう!!
私も頑張るぞー!!!(><)


やっぱり輝いてる人は輝いてる人を手繰り寄せるのだな


私も輝いて見える人になろう


変わること恐れるなかれ
感謝の気持ち忘れるなかれ
日々勉強すること、忘れるなかれ!


最近きっと傲慢だったんだ

あーはやだ
こーはやだ

ワガママばっか
自分がなってないのに他人を評価できる分際かっつの!(笑)


なんか恥ずかしくなってきた・・・(笑)


自分を好きでいるよう、努力怠ることなかれ。

人に感謝の気持ち忘れるなかれ!

本当に気を引き締めようと思ったわ
最近忘れかけてた心、今日をきっかけに思い出した

ありがとう、ちーたろう・・・
ひっしーは頑張ります!!!!
ひっしーはわが道を進みます!!!!
コメント(1)


Today:1
Yesterday*9